義務教育の前倒しという話題がちらほらと

7月 7th, 2014

家庭教師のデスクスタイル先日ちょっとビックリのニュースを目にしました。
京都大学に合格した3兄弟が、実は、高校にも塾にも行ってなかった、という記事です。

しかも、その3兄弟のひとりが塾を経営しているとか。
しかし、ただの塾ではないようで、その塾は成績向上や進学実績のみを追求しない、ちょっと変わった塾なのだそうです。

塾にもいろいろな形態の塾があるようですが、複数人数を教授していくという形は共通しています。

最近、義務教育の前倒しという話題が急浮上しています。
5歳児から義務教育に組み込むという計画ですが、現在、5歳児は保育園か幼稚園に通っており、幼稚園は文部科学省、保育園は厚生労働省が管轄しています。

保育園は世帯年収によって保育費が異なっているようですが、幼稚園はだいたい、2万円以上の費用がかかりますから、5歳児から義務教育で無償化になると親としては助かるかもしれませんが、義務教育というのは・・・・ちょっと、どうなのでしょう?・・と考えてしまいます。

5歳児は、まだまだ幼いですし、義務教育ではどのような位置づけにするのでしょうかね?
ちょっとイメージが湧いてきませんね。

そういえば、先日、下松市で子どもを塾に入れようか?家庭教師をつけようかと迷っている知人とばったり会って、路上で相談を持ちかけられる、という出来事がありましたが、どちらがいいのでしょうかね・・・。

無料体験学習に行ってから決めると言ってましたが、家庭教師の無料体験はいいですね。

詳しいことは、下松市のデスクスタイルこちらが参考になります。

格安で思い出に残る結婚式が挙げられます

6月 30th, 2014

格安結婚式場なら「大人のプチウェディング」結婚式は、二人の新しい門出を祝う大切な儀式です。しかし、結婚式ってかなり値が張るものなのですよね。まだまだ若い二人にとっては、非常に苦しい出費です。今後のことを考えて、結婚式を挙げるのをあきらめてしまうカップルも多いという、悲しい現状があります。

そこで私がおススメしたいのが、格安の結婚式場です。格安とは言っても、「大人のプチウェディング」と題して、大切な方々への感謝を込めて少人数で祝う上質な結婚式を提供してくれます。そんな素敵な結婚式場が、上記のサイトでは8つ紹介されています。

この8つの結婚式場では、もちろん通常の結婚式同様、大切な誓いの場であるチャペルでの式を行うことが可能です。そして併設されているクオリティの高いレストランでの会食・ミニ披露宴も組み合わされているので、列席者も思い出に残る大切な一日を過ごしてくれること間違いなしです。

格安の結婚式とは思えないサービスが充実していますね。特別な価格で、エレガントでラグジュアリーな結婚式があなたを待っています。「大人のプチウェディング」は、驚異の58000円から用意されています。

「とても結婚式を挙げる余裕はない・・・」とあきらめている方も、「大人のプチウェディング」を検討してみてはいかがでしょうか?

レバレッジの大小から海外fx業者を選ぶ!比較サイトまとめ

6月 23rd, 2014

「投資」と「投機」は同じような意味を持つ言葉ですが、正確には全く意味が異なります。まず投機は一言でいえば、ギャンブルのことです。

FX取引をした場合、値動きが全く無いということはありませんので、必ず売買ポイントから上がったか下がったかしますよね?つまり確率は極端な話、1/2となりますので、何も考えずにインしたとしても儲けが生まれることがあるでしょう。運だけなら誰よりも強いという人なら、何も考えずに、この1/2のギャンブルを当て続けるかもしれません。これが投機となります。

しかしFX取引などをするトレーダーさんは、そういったギャンブルでは相場を見ませんよね?必ず自分なりの売買ポイントを決めたり、世界情勢を把握しながら最適な方法でイン・アウトをしているはずです。こういった考え込まれた理論のもとで、お金を賭けることを投資というわけです。

とは言ってもFX取引をするなら、投資だろうが投機だろうが、参加者は全員が一攫千金を夢見ているはずです。そこで重要になってくることが、レバレッジの大小です。資金と感情を上手にコントロールできるのであれば、やはりレバレッジが大きい海外fx業者を利用したほうが儲けも大きくなります。

そこでレバレッジの大小を海外fx業者別で比較したいのであれば、海外FXのレバレッジのホームページを活用してみてください。今回はレバレッジについての紹介でしたが、他にもスプレッドや約定スピードなどから比較検討できますので、海外fx業者を利用するなら大変便利なサイトです。

fx取引の損益は必ず確定申告しよう!利益が出た場合は要注意

6月 11th, 2014

自営業主や不動産投資、家賃収入を得ている人は「確定申告」をご自分で記入・提出した経験があるはずです。一定額の収入を得るようになれば、諸経費や売り上げなどの管理が複雑化するため、業者や行政書士さんに依頼することになるでしょう。

さて、この確定申告ですがfx取引をしている人にも深く関わってくる手続きなのです。しかも一定額以上の利益が年間で出た場合には、確定申告をしなければいけませんので、面倒だからと放置していれば税務署の人間が自宅へ訪問することもあります。ニュースでもfx取引をして高額な利益を得ていた人が、申告をしていなかったことで「脱税容疑」をかけられることがありますよね?まさに「放置」が原因で起こる出来事なのです。

ちなみにfx取引をした際に損が出てしまった場合には、繰越控除と呼ばれる有利な制度があります。これは「100万円の損を出しました」と確定申告をしておけば、翌年に100万円利益が出ても損益を通算してくれる制度です。しかし損を出した時に繰越控除の申告をしていなければ、翌年に利益が出ると、その金額が課税対象となります。一定額の利益が出た時とは違い、必ず税務署へ報告しなければいけないといった法的な強制はありませんが、やっておいて損はないですよね?

利益が出た時も損をした時も、税金の事を考慮に入れ行動しましょう。